解決事例集

利益を生む力

経営のPDCAサイクルは魔法の杖?継続的に利益を上げるための必須アイテム!

当社(製造業)では、毎月経営幹部を集めて、定例の会議を行っています。各部門長から前月の状況を報告させて、経営側から指示を出すという具合です。このようなことを繰り返しているのですが、業績の波もありますし、同じような問題が発生することも多いです。なかなか組織としての力が付いているように感じることがで...

詳細はこちら

それまでは社長が預金通帳だけ見ていたが、月次決算と資金繰り表を作成して、会社の状況が見えるように!

当社(建設関連業)は営業に強みがあります。お客様からも信頼されていますし、現場の品質にも自信があります。しかしお金のことだけはどうにも不得意なのです。仕事はうまくいっているのに何故かお金が貯まらない。毎月月末の入金と支払のつじつま合わせを、銀行通帳とにらめっこしながら、今月も何とか乗り切れそうだ...

詳細はこちら

決算書は銀行や税務署だけのためにあるものではない。会社自身のために会計を活用する!(財務分析)

当社(建設業)は社歴もありお陰様で近年の業績も安定しています。ただ、これ以上会社をよくするためにはどうすればよいのか、他社の状況はどうなのか、自社の決算書を眺めていても分からず、漠然とした不安を抱えています。

詳細はこちら

管理会計は利益を上げるためのもの。自分のために自由に設計する!

当社(飲食業)は創業以来、紆余曲折を経ながらも、順調に店舗数を増やし事業規模を拡大してきました。売上の増加とともに利益も増えるはずと思っているのですが、思ったほどに利益が出せず、資金繰りも厳しい状況が依然として続いています。1年に1回作成する決算書を見ても、どこをどのようにしたらよいのか、皆目見当...

詳細はこちら

原価計算は見えないものを見える化する。利益が上がるポイントはここだ!

当社(製造業)は自社製品の仕様をベースとしながら、顧客からの受注内容に応じて発注・製造・納品しています。受注する際には、売価に基づいて概ねの利益額を算出するのですが、結果として会社全体の利益が上がっていません。部門(社員)に対しても○○%は利益を出すように指示はするのですが、状況は変わらないままで...

詳細はこちら

1 / 212
当事務所は経営革新等支援機関に認定されています。 マンガで分かる「飛躍的な企業成長へ導く社外CFOの活用法」 メディア掲載 税理士 東京

ご相談・お問い合わせ

0120-135-500受付時間 9:00~18:00(土日祝祭日を除く)

無料相談のお申し込み
アクア会計事務所 代表公認会計士 伊藤 史哉|コンサルティング|ベンチャー通信Online ベンチャー支援のプロフェッショナル